神奈川県でブランクのある方が保育士へ復帰するには

subpage01

まず、神奈川県内にある通いやすい保育所へ就職相談の連絡を入れます。

次に面接となりますが、聞かれる可能性の高いことが4つあります。



前職を辞めた理由、ブランクがある理由、ブランクの間は何をしていたか、なぜ再び保育士に復帰しようと思ったのか、などを面接で聞かれやすいです。

前職を辞めた理由については、育児に専念、他の職業を経験したかったなど色々な理由があると思います。その時の事情をそのまま伝えてもかまいませんが、対人関係に悩んでいたなどのネガティブな情報は控えるべきです。過去に保育士を目指したことがある、かつて神奈川県で働いた経験を保育士にも生かしたい、などのように前向きな姿勢を見せると高評価を得られます。

ブランクがある理由については、資格の勉強や家庭に入ったりして次の就業までの時間がある場合に問われやすい質問です。

素直に自分の考えをそのまま相手に伝えますが、その際に育児に専念していた時は、育児についての考え方などを話すと良いです。ブランクの間に何をしていたのかに関しては、神奈川県で仕事をしていたのならそのことを詳細に話します。
また、育児や介護をした時期もあるなら話した方がいいです。

神奈川県の保育士情報サイトはこちらの特徴をご紹介するサイトです。

再び保育士に復帰しようとした理由は、自身のことを相手に伝える最大の好機でもあります。



保育士に復帰したくなった理由や、ブランクの間に何を考えていたのか、保育の重要性に気付いたなど、自身の考えを伝えます。
また、保育の仕事を始めるようになったら、どのように働いていきたいのか、について話すと良い評価につながります。