神奈川の保育士求人の実態と待機児童の関係

subpage01

神奈川県は日本でも比較的待機児童の多い県と言われています。

神奈川県の保育士情報サイトはこちらに関連した書きかけ項目です。

その大きな理由は急激に増える人口に対し保育所の数が追い付いていないことです。

保育所や幼稚園に行かなければいけない年齢の子供を持つ親が増えているのに対し、保育所の数が増えていないというのが大きな原因です。


神奈川は東京のベッドタウンとして古くから人口が増えている都市でもあります。
一時期は都心の地価が下がり、マンションなども増えたことで増加が少なくなる傾向もありましたが、ここ数年はまた都心の地価が高騰し始め、またマンションよりも一戸建てに住みたいという人が増えたこともあり神奈川の人口は再度増加しています。保育所が増えなくても保育士の数が増えれば理論的には待機児童を減らすことが出来るのですが、保育士の数も決して増えてはいません。



その理由は給与が他の業務に比べ低く、保育士の仕事では生活していけないという人が増えているからです。
さらに働き方の多様化により子供を保育所に預けたい時間が長くなっていることで業務が多忙になり、負荷が大きくなったことも大きな原因です。

神奈川でも保育士を増やす為に求人を行っていますが、なかなか人材が集まらないのが実態です。


その為子供を預ける環境が整わずに待機児童が増えるという悪循環が続いています。



神奈川で保育士の求人に応募する際にはこのような保育所を取り巻く環境を十分に理解した上で応募しないと多忙で低賃金の仕事に就職してしまう危険性があるので、十分な注意が必要です。